Band History

1988年、創設者の大本浩史(Gt)により結成。バンド名はイギリスのハード・ロック・バンド、MAGNUMの楽曲"Vigilante"に由来。
1992年、堀江一彰(Gt)が加入する。
1996年、メンバーチェンジにより吉村和久(Dr)、海野真(Ba)、元HIDDENの丹羽英彰(Vo)が加入する。
1997年、渋谷On Air Eastにてワンマン・ライブを行う。
1998年4月、完全自主制作によるファースト・アルバム"CHAOS-PILGRIMAGE"を発表。アートワークにはSHADOW GALLARYやMILLENIUMなどを手掛けたRainer Kalwitzを起用。ヨーロッパを中心にHeavy Oder Was!?やHard Roxxなどのメタル誌にて、好意的な評価を受ける。
1998年9月、ドイツの大規模メタルフェス"Bang Your Head!!!"にて
STRATOVARIOUS、ICED EARTH、KAMELOTらと共演、インタビューを受ける。これを契機にドイツのメタル・レーベルMassacre Recordsとライセンス契約を結ぶ。
1999年3月、"CHAOS-PILGRIMAGE"ヨーロッパ版が発売。
1999年9月、アルバム"EDGE OF TIME"を発表、同年11月にヨーロッパ版も発売。
アートワークは前作に続きRainer Kalwitzが担当。
1999年11月、渋谷On Air Eastでのライブ・イベント"Pure Rock Japan"に参加し、SABER TIGER、POWERNUDE、BLINDMANと共演。
1999年、マキシ・シングル"THUMBNAIL AT YOU, MASTER"を発表、Burrn!誌においてシングル・チャート5位を記録。
2001年、ドイツのDEW-SCENTED、NIGHT IN GALES、スウェーデンのDEFLESHEDらと共演。
2002年、さかもとえいぞう氏(ex.ANTHEM/アニメタル)のソロ・アルバム"SHOUT DRUNKER"に参加。
2002年、ドラマーが山市修也に交代する。
2002年4月、韓国のレーベル、ポニーキャニオン・コリアとライセンス契約を結ぶ。"CHAOS-PILGRIMAGE"、"EDGE OF TIME"、マキシ・シングルの"THUMBNAIL AT YOU, MASTER"の内容を含む2枚組の韓国版CDが発売。
2002年5月、韓国にて現地の総合音楽誌"GMV"のインタビューを受ける。
2003年5月、川崎クラブチッタでのメタル・イベント"Melodic Metal Festival"にて、イタリアのSKYLARK、オーストラリアのDUNGEON、スウェーデンのDRAGONLANDと共演。
2004年8月、アルバム"COSMIC INTUITION"を発表。
アートワークにはKAMELOTやSTRATOVARIOUS、SABATONなどを手掛けたMattias Norenを起用。
2005年4月、韓国、ソウルにてJEREMY、GAIAらと共演を行う。 2005年6月、再度ドイツのメタルフェス"Bang Your Head!!!"に参加し、"COSMIC INTUITION"のプロモーションを行う。
2005年7月、オーストラリアのDUNGEONと再共演。
2005年6月、韓国のJEREMYと再共演。
2006年5月、ドキュメンタリー映画「メタル・ヘッドバンガーズ・ジャーニー」の監督サム・ダンよりインタビューを受ける。 二井原実氏(LOUDNESS/X.Y.Z.→A)や夜叉、川嶋未来氏(SIGH)へのインタビューと共に、同映画の特典DVDに収録されている。
2006年秋、ドラマーが藤野隼司(さかもとえいぞう、哀旋士)に交代。
2008年10月、アルバム"IV"を発表。アートワークは前作に続きMattias Norenが担当。
2009年5月、香港にてブラジルのHIBRIAと共演を行う。
2009年より、バンドが主催するライブ・イベント、オルガズムメタルを開始。これまで延べ70バンドが参加。
2010年、シングル"RETROSPECTIVE INTO CHAOS VOL.1"を発表。
2012年、シングル"OF INSANITY AND JUSTICE"を発表。本シングルの会場販売時にオルガズムメタルでのVIGILANTEのプレイを納めたDVDが限定特典として追加され、ライブバンドとしての存在感をこれまで以上に広く知らしめることになった。
2017年、9年振りのアルバム"Terminus Of Thoughts"が完成する。

ギターの大本はGibson USA、堀江はKiesel Guitars、ベースの海野はYamahaとそれぞれエンドース契約を結んでいる。

ドラムの藤野は多様な音楽ジャンルでのサポートドラマーとしても活躍中であり、ビジュアル系バンドA(エース)との ヨーロッパ・ツアーも経験している。

ヴォーカルの丹羽はオーストラリアのLORDのアルバム"ASCENDENCE"にゲスト参加し、X JAPANのカバー曲"Silent Jealousy"のヴォーカルを担当した。